News

  • News
  • 【試合結果】九州なでしこサッカー大会 準決勝敗退

ニュース

2017/05/14

【試合結果】九州なでしこサッカー大会 準決勝敗退

本日行われました「第29回九州なでしこサッカー大会」準決勝では
延長戦の末、琉球デイゴス0-1国見FCにて敗れる結果となりました。

全国よりご声援いただきまして誠にありがとうございました!!

前半からお互いに一歩も譲らず一進一退の攻防が続き、
後半でも互いにゴールを決めることができず延長戦へ突入。
10分ハーフの延長戦前半のアディショナルタイムに相手国見FCの
フリーキックから失点を許し、0-1とリードされます。
延長戦後半で必死にくらいつくも追いつくことができずにゲームセット。

皆さまからの熱いご声援のおかげで、これまでの連戦を戦い抜くことができました!
6月の次戦・九州リーグへ向けて気持ちを切り替えてまたトレーニングに励んでまいりたいと思いますので
選手たちへ温かいエールのほどどうぞよろしくお願いいたします!

☆監督山木からのコメント☆
「今大会は、試合開始から早い時間帯で自分達のペースを掴むこと、守備ではラインの確認、
攻撃では相手守備の裏をとるといったことを主なテーマとして挑みました。
また、一戦一戦勝利を目指して全力で戦っていこうと選手に話して試合に入りました。

1、2回戦はペースを掴みかけては自分達のミスで相手ペースになるといったこともありましたが、
比較的早い時間でペースを掴むことができました。
攻撃はサイドの裏を取る、中央での突破などバリエーションをいくつか見せられました。
欲を言えば早い時間に得点がとれたらもう少し楽な展開に持っていけたと思います。
(今後の課題としてとっておきます!)
守備はラインの意識も良くなり、やって来たことが形になってきたという印象です。

敗退となった準決勝はロングパス、ショートパスのバランスが非常に悪く、
必要以上に中盤を飛ばしてしまう事が多くなった試合でした。
中盤で良い状態でボールを持てなかったことが裏を取ることを難しくし、
決定的シュートシーンの少ない試合となってしまいました。
延長前半終了間際のセットプレーからの失点も選手には精神的ダメージが大きかったように思います。
焦りと疲れからか単調な攻撃になってしまい、得点を奪うことが出来ませんでした。

今大会において、選手全員が今まで以上にチームの戦力になるという自覚を強く持ってくれたこと、
今まで以上に最後まで勝利を目指して、粘り強い戦いをしてくれたことは大きな収穫です。
新たな可能性を見せてくれた選手もいました。

試合で出た課題を修正すると共に、新しいことを加えていくことで更なる成長をしていきたいと思います。
引き続き、応援よろしくお願いします!」

 

 

<試合data>
2017年5月14日(日)9:30 kick off

琉球デイゴス0-1国見FC
(前半0-0/後半0-0/延長戦0-1)

■得点者
なし

■スターティングメンバー
GK #21外間沙希
DF #3比嘉ちなつ
DF #16山崎江梨香
DF #4藤野愛子
DF #14金城愛理
MF #18伊井清乃
MF #10渡辺樹里
MF #13赤嶺真子
MF #11園村菜奈
MF #7金城恵奈
FW #8青島雅

■選手交代
41分 #16山崎江梨香⇒#15比嘉由里花
43分 #13赤嶺真子⇒#6白圡莉那

ニュース一覧に戻る
ページのトップへ